鯛のウロコから抽出した
海の恵み
“マリンコラーゲン”で理想の肌へ

目指すは大人のうるおい美肌
マリンコラーゲンは体の思いやり

鯛は「古事記」や「万葉集」にも登場し、現在でも目出度い席などで出されるほど、日本人には親しみのある魚です。
ペルルアルファ「マリンコラーゲン」シリーズには、鯛の良質な鱗だけを厳選し抽出した純度の高いマリン(海洋性)コラーゲンを使用。体の内側と外側の両方から取り入れるものですので、安心してご使用いただけるように高品質な原料のみを使い、日本国内の工場で生産しています。合成保存料や防腐剤も一切使用していません。 天然素材を惜しみなく使用していますので、常に新鮮な商品をお届けできるように、できるだけ小ロットでの製造を心がけ販売しております。

PerleALPHA (ペルルアルファ) とは

真珠の写真 ペルルアルファの「ペルル」とはフランス語で「真珠」を意味します。 真珠はどの方向からでも七色に輝く美しい宝物です。この真珠の様につるつるで輝くお肌を目指せる商品をお届けしたいという願いを込めました。

ペルルアルファに含まれている豊富なマリンコラーゲンを体の外からも中からもたっぷり摂取していただくことより、健康でハツラツとしたお肌とお体を維持していただければと思います。

ロゴマークに込められた美しさへの想い

PerleALPHA 花びらや貝殻のらせん構造など自然界にみられ、人が最も美しく感じる比率「黄金比」。
この黄金比を用いて「α(アルファ)」を象ったロゴマークは「自然」「生命」「美」を結ぶ象徴です。 「ペルル(真珠)」が象徴する「優美」「清浄」「純粋性」と合わせて、自然の恵みで作られた「美の結晶」と表現しています。

マリンコラーゲンシリーズの
誕生秘話

マリンコラーゲンとの出会い

海 私がコラーゲンにこだわったきっかけは足の悪い母親の負担を軽くしたいという思いと、自分自身の肌が気になるようになったからでした。 市場にはすでに数多くのコラーゲン商品がありましたが、分子が大きい動物性コラーゲンは体内でほとんど吸収されず、排泄されてしまうため「意味がない」と感じていました。 鮭のアラを原材料にした魚由来のマリンコラーゲンもありましたが、これには無駄な脂肪分と臭いが気になるものでした。

調べると地元・鳥取県西部で脂肪分も臭みもほとんどない鯛のウロコから抽出されたマリンコラーゲンを製造しているとのこと。 専門的な話ですが、そのマリンコラーゲンを通常の分子量の1/100サイズに低分子化することで、体内吸収率が高まり、少しの摂取量で健康や肌に役立つということが分かったのです。

健康的で潤いのある肌を求めて

美容は女性にとって永遠のテーマ。特に季節の変化が肌に与える影響は見過ごすことができません。
乾燥が激しい冬場はもちろん、通勤時の電車内やエアコンの効いたオフィスなど、常に肌は過酷な環境の下にあります。
となると年間を通じて、お肌の手入れが必要になります。

私も保湿効果が高いと言われていたコラーゲン入りの高価な基礎化粧品を使い始めました。
使用してみると確かに皮膚の表面は少ししっとりしますが、その下の皮膚層は固いままという感じ。肌チェックをしてもらうと「表面は脂性、皮脂層は乾燥肌」と診断され、ショックを受けました。
そこで服用していた鯛のウロコから抽出したマリンコラーゲンを化粧水に混ぜ、試しに使ってみたのです。
すると2週間位で肌がしっとり。全体的に柔らかくなったのを体感したのです。

この体験を同じ悩みを持つ方へ…

商品集合写真 高価な化粧品を使用し続ける事は経済的にも楽ではありません。
更に化粧水・乳液・美容液など色々買い揃え、朝晩で異なる面倒なお手入れ方法にも疑問を感じていました。 その頃から「適正価格で良質なマリンコラーゲンがたっぷり入った基礎化粧品を作りたい」と考えるように…

それからマリンコラーゲンの製造元を何社も模索し、数年かけて現在のよき製造元に巡り会い、製品を作ることができたのです。
研究を重ねていくと、肌のお手入れにたくさんの化粧品を使用する必要はないことも分かりました。 私の経験を元に考案したペルルアルファ「マリンコラーゲンシリーズ」は、同じ悩みを抱える皆様の健康とお肌のお役に立てることが一番の願いです。

PerleALPHA(ペルルアルファ)代表
赤井 富士子

なぜ、マリンコラーゲンを使うのか

安心・安全だから

以前のコラーゲン商品は牛や豚、鶏などのアニマル(動物性)コラーゲンが主流でした。
しかし、近年ではBSE(狂牛病)や鳥インフルエンザなどの問題から、安全性が疑問視されるように。
そこで注目されたのが、感染症の心配が少なく安全性が認められた、魚から抽出した魚由来のマリン(海洋性)コラーゲンでした。
ペルルアルファでは厳選された良質な鯛のウロコを使用し、国内工場で生産しています。

消化吸収されやすいから

変性温度の比較 良質な鯛のウロコをから抽出されたマリンコラーゲンは脂肪分や魚特有の臭みが少なく、コラーゲン分子がほどけて成分がゼラチン状になる変性温度が低く、分解潤オ消化しやすいという特長があります。
動物性コラーゲンに比べ、体内吸収力は7倍といわれています。

飲みやすいから

動物性コラーゲンは濃度を3%以上にすると独特の臭いを発しますが、マリンコラーゲンは10%程度の高い濃度にしても臭みが少ないのが特徴です。また、動物性コラーゲンは脂肪分やカルシウムの除去が困難ですが、マリンコラーゲンには脂肪分がほとんどないため、ダイエット中の方やコレステロールが気になる方でも安心してお飲みいただけます。

食品にも化粧品にも鮮度があります。

天然素材を惜しみなく使用しているので、当社は「鮮度」に気を配っております。
また、皆様へ新鮮な商品をお届けできるように、できるだけ小ロットでの製造を心がけて販売しております。
体に直接摂取するものですので、安心してご使用いただけるように、全ての製品を日本国内の工場で生産しています。

PAGE TOP